タイツの似合う芸能人

江頭2:50


タイツの似合う芸能人と言えば、江頭2:50さんではないでしょうか!?

黒タイツ一丁で、テレビではとにかく暴走キャラ。

撮影前にスタッフから「今日は生放送だから何もしないように」と言われると、本人は脳みそのフィルターを通して「何かやれ!!」と解釈するらしい(笑)

実際このキャラが江頭2:50のウリで、コアなファンを掴んでいる。

最近は、めっきりTVでの露出度は比較的低いにも係わらず、
「嫌いな芸人」ランキングでは常にダントツ1位
「消える芸人」常に10位以内
ananの寝たくない男性芸能人ランキングでは常にベスト3で、2006年には「嫌いな男」1位
この数々の称号は彼のインパクトがいかに凄いかを物語っている。

本人も「客を引かせることが何より楽しい」「1クールのレギュラーよりも、1回の伝説」をモットーとして掲げている。

上半身裸に黒タイツというスタイルと、暴走気味な行動が特徴。

そのスタイルとアクションはUSAのパンクロック歌手イギー・ポップに由来しているという噂があるが定かではない。

一見同じに見える黒タイツには、実は数多くの種類があるらしいので、今度TVなど各メディアで江頭2:50を観る機会があれば、その黒タイツ姿をよーくみ手見てはいかがだろうか。

オマケ<江頭2:50 布袋のCIRCUSのPV>

タイツ(ストッキング)のスマートにみえる色って?

タイツ(ストッキング)の効果


女の子から女性まで「冬の足元」のおしゃれに不可欠な存在
それは「タイツ(ストッキング)」

中でも注目されている人気の“柄物”かわいい

ところで、色や柄で見え方は変わるのか?

柄があるほうが足が太く見えるのか?

日常生活に密接に関わる「足元演出効果」ひらめき

色や柄でどのくらい見え方に差が出るのか?

デザイン的に色や柄がついているタイツ(ストッキング)が多いですが、「細くキレイに見える」のダントツトップは、『黒の薄手ストッキング』exclamation

収縮色である黒も、厚さなどの質感が重要なポイントで、柄は“細かいほど”全体の印象をほっそり見せるみたいです。グッド(上向き矢印)

冬のオシャレには欠かせない存在の“ストッキング&タイツ”exclamation

女性の皆さんは、足をほっそり・キレイに見せたいなら「薄手」の「黒」か、「柄が細かい」タイプを選ぶと良いでしょう。

しかし、あくまで“ひとつの目安”にすぎません。

柄や色はオシャレの重要なポイントなので、怖がらずにどんどん挑戦してみて下さいね。

その中でキット“あなたらしさ”が生かされたコーディネートを見つけて下さい
わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

バレエをはじめようとする男性の方への注意

新たなタイツネタを探してネットを徘徊しているとこんなのを見つけた!

「バレエをはじめようとする男性の方へ」

という物だったので、今後バレエをしようとしている方たちへの心構えとして載せよう思う。

立ち塞がる二つの壁

?? 男性不可の教室がある!

一般に日本ではバレエは女性向けとされ、様々な理由を付けて「男性不可」の教室がある。大都市では男性を受け入れる教室もそれなりにあるのですが、地方となるとかなり悲惨な状況である。

まず教室を探す時は、まず断られることもあるということを承知で、本当にバレエがしたいことを強くアピールすることが必要で、ここは!と思うところにはひたすら電話をしていくしかない

そして運良く教室が見つかったとしても、教師・生徒などのその教室の関係者は男性には警戒心を抱いている事が多いので、態度や行動には十分注意!!

?? 紅一点ならぬ、黒一点の境遇に耐えられる?

ほぼ女性の教室に入会しても当然そこには黒一点というつらい(?)環境が待っている。

これは趣味の世界に限らず、例えば学校などでも、短大や看護学校などで「男女共学」だからと入学すると実態は女子短大状態だったということはあるように。

「黒一色」から「黒一点」への転身。。。

※別の意味「スラムからハーレム」!?

すでに免疫が有るのなら良いですが、そういう境遇がはじめてという方は非常につらいものが待ち構えて居るとの事だ。。。。

黒タイツの外国人がTOKYOで歌う

なぜかちょっと耳に残ってしまう。。。

怪しい全身黒タイツの外国人3人組バンドが
東京のどこかの公園で歌を歌います。

歌詞の大半は英語なんですけど、所々日本語でテンポ良く歌っています。

タイツって?

タイツ (Tights)


一般的にはストレッチサテン地、ナイロン地など伸縮性を持たせた布地で縫製されたフィット性のあるズボンである

色も黒・しろ・ベージュ(肌色)、形も全身を覆う物から靴下の様なサイズまであり多種多用だが、様々一般的には保温を目的とした衣類の一種で、腰から足のつま先までを覆うストッキング型状の製品が多い。

ただし厳密にはタイツは靴下ではなく、成り立ちから見て衣服らしい。。。

タイツタイツは19世紀のフランスで舞台衣裳として発明され、広まった。

日本では、戦前、戦後はウール糸で編まれた、厚手の「バルキータイツ」が流通。

体温を保ちながらも、脚線美を作り出すというメリットを持つ。

近代においては、多くは女性向けに作られているが、前開きのある(ないものも極少数ながらある)男性用の防寒用タイツも生産されている。

サテン地の男性タイツは、その伸縮性から男子バレエダンサーに着用される事も多く、欠かせないものである。

またスポーツ競技やパフォーマンス等で使用することを目的とした全身タイツ(顔まで覆うものをゼンタイと呼び、日本が発祥。海外でもZENTAIで通用する)といわれるものもある。 女性の網タイツは、タイツと呼ばれてはいるがストッキングに近い。

日本において、ナイロンとポリウレタン糸を主な材料として使ったタイツより織りが細かく薄手なものをパンティストッキングとよんでいるが、これは靴下に分類される。

パンストとも略して呼ばれている。

また、海外では一般的に両者を区別せず、タイツはイギリスでの統一した呼び方で、アメリカではパンティホースと統一に呼ばれている。

単位

厚さをデニールで計算されている
着圧をヘクトパスカルで計算されている
数える場合の単位は「一枚」(靴下ではなく衣類の為)


※Wikipedia参照