タイツって?

タイツ (Tights)


一般的にはストレッチサテン地、ナイロン地など伸縮性を持たせた布地で縫製されたフィット性のあるズボンである

色も黒・しろ・ベージュ(肌色)、形も全身を覆う物から靴下の様なサイズまであり多種多用だが、様々一般的には保温を目的とした衣類の一種で、腰から足のつま先までを覆うストッキング型状の製品が多い。

ただし厳密にはタイツは靴下ではなく、成り立ちから見て衣服らしい。。。

タイツタイツは19世紀のフランスで舞台衣裳として発明され、広まった。

日本では、戦前、戦後はウール糸で編まれた、厚手の「バルキータイツ」が流通。

体温を保ちながらも、脚線美を作り出すというメリットを持つ。

近代においては、多くは女性向けに作られているが、前開きのある(ないものも極少数ながらある)男性用の防寒用タイツも生産されている。

サテン地の男性タイツは、その伸縮性から男子バレエダンサーに着用される事も多く、欠かせないものである。

またスポーツ競技やパフォーマンス等で使用することを目的とした全身タイツ(顔まで覆うものをゼンタイと呼び、日本が発祥。海外でもZENTAIで通用する)といわれるものもある。 女性の網タイツは、タイツと呼ばれてはいるがストッキングに近い。

日本において、ナイロンとポリウレタン糸を主な材料として使ったタイツより織りが細かく薄手なものをパンティストッキングとよんでいるが、これは靴下に分類される。

パンストとも略して呼ばれている。

また、海外では一般的に両者を区別せず、タイツはイギリスでの統一した呼び方で、アメリカではパンティホースと統一に呼ばれている。

単位

厚さをデニールで計算されている
着圧をヘクトパスカルで計算されている
数える場合の単位は「一枚」(靴下ではなく衣類の為)


※Wikipedia参照