タイツ(ストッキング)のスマートにみえる色って?

タイツ(ストッキング)の効果


女の子から女性まで「冬の足元」のおしゃれに不可欠な存在
それは「タイツ(ストッキング)」

中でも注目されている人気の“柄物”かわいい

ところで、色や柄で見え方は変わるのか?

柄があるほうが足が太く見えるのか?

日常生活に密接に関わる「足元演出効果」ひらめき

色や柄でどのくらい見え方に差が出るのか?

デザイン的に色や柄がついているタイツ(ストッキング)が多いですが、「細くキレイに見える」のダントツトップは、『黒の薄手ストッキング』exclamation

収縮色である黒も、厚さなどの質感が重要なポイントで、柄は“細かいほど”全体の印象をほっそり見せるみたいです。グッド(上向き矢印)

冬のオシャレには欠かせない存在の“ストッキング&タイツ”exclamation

女性の皆さんは、足をほっそり・キレイに見せたいなら「薄手」の「黒」か、「柄が細かい」タイプを選ぶと良いでしょう。

しかし、あくまで“ひとつの目安”にすぎません。

柄や色はオシャレの重要なポイントなので、怖がらずにどんどん挑戦してみて下さいね。

その中でキット“あなたらしさ”が生かされたコーディネートを見つけて下さい
わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)

バレエをはじめようとする男性の方への注意

新たなタイツネタを探してネットを徘徊しているとこんなのを見つけた!

「バレエをはじめようとする男性の方へ」

という物だったので、今後バレエをしようとしている方たちへの心構えとして載せよう思う。

立ち塞がる二つの壁

?? 男性不可の教室がある!

一般に日本ではバレエは女性向けとされ、様々な理由を付けて「男性不可」の教室がある。大都市では男性を受け入れる教室もそれなりにあるのですが、地方となるとかなり悲惨な状況である。

まず教室を探す時は、まず断られることもあるということを承知で、本当にバレエがしたいことを強くアピールすることが必要で、ここは!と思うところにはひたすら電話をしていくしかない

そして運良く教室が見つかったとしても、教師・生徒などのその教室の関係者は男性には警戒心を抱いている事が多いので、態度や行動には十分注意!!

?? 紅一点ならぬ、黒一点の境遇に耐えられる?

ほぼ女性の教室に入会しても当然そこには黒一点というつらい(?)環境が待っている。

これは趣味の世界に限らず、例えば学校などでも、短大や看護学校などで「男女共学」だからと入学すると実態は女子短大状態だったということはあるように。

「黒一色」から「黒一点」への転身。。。

※別の意味「スラムからハーレム」!?

すでに免疫が有るのなら良いですが、そういう境遇がはじめてという方は非常につらいものが待ち構えて居るとの事だ。。。。